社員旅行成功の秘訣【SHINE旅行で晴ればれ計画】

開設の為に

事業所内保育の推進の利点

Meeting

出産と育児は女性の退職理由の中でも大きな割合を占めています。そこで企業は事業所の近所や事業所内に育児中の従業員向けの託児所や事業所内保育の施設を用意することで、まだ小さいお子様を育てながらも従業員が安心して働くことができます。この事業所内保育を作ることで産後の母親も職場復帰を早められるために仕事と育児の両立が可能になるので、その女性社員がもたらす収益や従業員満足度、企業イメージの向上が得られます。国でも次世代育成支援対策や労働者の福祉に関する法律などで事業所内保育に対する助成金の支給をしていますが、従前の助成金に加えて助成要件の緩和や要件を満たして届出をした事業主に税制上の優遇措置を図るといった後押しもしています。また、地方自治体による事業所内保育の助成も開始されてきています。

施設のバリエーションも増えていく

ノウハウを持った受託事業所内保育サービスなど、ビジネスモデルの提案や時代のニーズに対応したきめ細やかな子育て支援の事業を展開している企業も出てきています。こういったサービスを利用することでスムーズで効率的な施設の運営が可能になりますね。最近では女性だけでなく男性従業員も育児のために休業するケースも増えてきているので、人材確保のためにも事業所内保育施設は必要性が高まっています。共働き世帯やライフスタイルの変化によって、夜間の事業所内保育といったサービスも利用されており、利用者に便利になって来ています。