社員旅行成功の秘訣【SHINE旅行で晴ればれ計画】

知れ渡っていない

事業所内保育の必要性

Meeting

現代になるにつれて、女性が出産してから仕事に復帰するまでの期間は短くなってきています。それは女性の社会進出が目立つようになってきた現代ならではの特徴ともいえます。その場合、周囲に保育所や身内などの子供を預ける環境が整っているのであれば可能です。しかし、実際には両親から遠く離れたところで生活をしていたり、身近な保育所に空きがなく、待機児童になってしまったりとスムーズにはいかないケースも多く、そのために働くことができない女性が随分と存在しているのです。そのような時に、あれば非常に重宝されるのが事業所内保育の存在です。

まだまだ設立が進まない現状

この事業所内保育は現代女性にとって非常に必要なもので、これが職場にあれば安心して子供を預け、働くことができるのです。しかし、実際のところ、現在は全国的に見てもこの数はまだまだ少なく、国全体としてもその普及の早期化を目指すべく、政策や対応に取り組んでいます。特に女性の多い職場には需要が高く、事業所内保育ができるだけで随分と質の良い労働が確保できます。しかし、思うように設立が追いついていないのは、そこで働く保育士などのスタッフの確保や福利厚生面、費用面などで様々な問題があるからです。こういった問題を国の補助で早期に解決し、より多くの女性が安心して働けるような環境を整えることが、日本経済への発展にも繋がるのです。